音楽を聴くのが何倍も楽しくなる!正しい音楽の聴き方

   

headphones-791078_1920

 

皆さんは音楽をどういう場面で聴いていますか?

移動中とかパソコンをしながらとか部屋でじっくりとかライフスタイルに合わせて人それぞれたくさんの楽しみ方があると思います。今回はその音楽を何倍も楽しく聴く方法を書いていきます。音楽を聴くことが楽しくなると本当の意味で音楽鑑賞が趣味になってきますよ。

 

1万円前後のヘッドホンを使う

 

よくオーディオ機器で超高額なものとかありますがぶっちゃけそこまで良いものでなくても十分楽しめます。かと言って1000円以下のものだと聞くだけなら問題ありませんが、鑑賞する、楽しむはちょっと厳しいです。

 

高価なヘッドホンと安価なヘッドホンの違い

 

オーディオ機器は本当にピンキリの世界で安いものなら100円から高いものなら100万を余裕で超えてくるものもあります。もちろん高価格ならそれだけ高音質になるのでそれに越したことはないのですが、ある程度の値段を超えてくると価格に対して音質向上の割合が低くなっていきます。というよりプロとかオーディオマニアじゃない限り5万と10万の音の違いなんて聞き分けられません。なので今現在安価なオーディオ環境にいる方ならコスパ的に1万円前後が調度良いと思います。

音質と値段

つまり金をかけるだけかけるほど音質は上がりますが1万円前後から音質と値段の比例が小さくなってくるということですね。

今売りだしているハイレゾも音質はすごく良いと思いますが、再生機器や音源を新たに用意しなければならいので若干高くついてしまいます。予算に余裕のある方は検討してみてください!

どのヘッドホンを買うかなんですが、これに関してはぶっちゃけ好みです。低音を強調しているものもあれば高音を押し出してくるものまで様々。特にこだわりがなければ「モニターヘッドホン」という種類のヘッドホンがオススメです。モニターヘッドホンは音楽制作をする際に使用するもので、音質を加工せずにとにかくフラットに再生してくれるヘッドホンです。そこまで値段も張らず高音質で再生してくれます。

 

あとイヤホンやスピーカーは極力避けること!イヤホンは直接耳に流れ込んでくるので音の距離感や臨場感が少なく、また大音量で再生すると耳へのダメージがかなりでかいです。

スピーカーは迫力と臨場感に関して言えば申し分ないのですが、値段が高額になります。スピーカーで鑑賞するのなら5万円前後の予算は必要になる上、再生できる環境が必要になります。防音はもちろんのこと、部屋の家具の配置やスピーカーの設置場所など面倒すぎます。

 

 

音量は普段のプラス3~5

 

簡単に言うとちょっと音量でかいなーくらいの音量にすること

ライブに行ったことある方はわかると思いますが、音は大きければ大きいほど迫力や臨場感を感じることができます。

少しうるさいくらいの音量で音楽を聴くと今までと全然違った聴こえ方がしてくるので是非試してみてください。ただし長時間大音量で音楽を聴き続けると耳を痛めてしまいますので注意!

 

目を閉じて音楽を聴く

 

最後にこれが一番大事です。ぶっちゃけこれだけでもかなり音楽が楽しめると思います。

 

普段あまり意識されている方は少ないと思いますが、人間の目はものすごくたくさんの情報を集めているんです。

一般的に人間は情報の8割を視力から得ていると言われいています。ちなみに聴覚は0,7割くらいだそうです。他は嗅覚と味覚と触覚。

つまり目を開けながら音楽を聴いていても脳の意識の8割は目から入る情報に奪われてしまっているんです。逆に言うと目を閉じてしまえば聴覚が研ぎ澄まされて今まで聴こえなかった音が一気に聴こえるようになってきます。高価なヘッドホンを買うよりずっと効果がある人間にだけできる特性なんです。

 

まとめ

 

・安いイヤホンは普段使いに最適だが鑑賞には向かない

・音は大きいほど迫力がある

・目を閉じれば耳が鋭くなる

 

 

ヘッドホンの購入は少しハードルが高いですが、音量と目を閉じるはすぐにできるので是非やってみてください!

 

 - コツ, 考え事 , ,