音楽理論-作曲から編曲まで

 

このページでは主にロックやポップスで使用する音楽理論について解説しています。

クラシック音楽やジャズのような高度な理論を必要とする理論は省いています。

 

なお多くの方々に理解できるように当サイトでは五線譜を一切使用しておりません。動画や音のサンプルデータを使い、聴いてわかるように音楽理論を解説しています。五線譜は使用しませんが鍵盤を使った音楽理論の解説になるため、オモチャのキーボードや鍵盤ハーモニカでもなんでも良いので音を発生できる媒体をご用意頂けるとよりわかりやすく理解できると思います。なくても理解できるよう努力いたします

 

 

 

 

音楽理論について

 

1、音楽理論は必要か不要か

 

基礎

 

1、音名とメジャースケール

2、音程

3、コード(和音)

4、コード進行(カデンツ)

5、強進行(ツーファイブ)

 

応用

 

1、テンションコード

2、ハーモナイズ(メロディに対するコード進行付け)

3、非和声音(ノンコードトーン)

4、セカンダリードミナント(一時転調)

5、セカンダリードミナントのツーファイブ

6、借用和音(短調からの借用和音)

7、パッシングディミニッシュ

8、クリシェ

 

マニア

 

1、マイナースケール

2、ドリア旋法

3、ブルーノートスケール

 

公開日:
最終更新日:2016/04/04