セカンダリードミナント(一時転調)で泣けるコード進行を作ってみる

      2016/03/24

泣くネコ

 

今回はセカンダリードミナントの解説です。

今までの解説はCメジャースケールの音(ドレミファソラシ)しか使っていませんでしたが、今回はそれ以外の音も入ってきます。慣れないうちはわかりづらいかもしれませんが使いこなせればコード進行が華やかになり一気にそれっぽいものを作ることができるので頑張りましょう。

以前解説した強進行の知識を使うのでご覧になっていない方は目を通しておいてください。

 

 

セカンダリードミナント

 

セカンダリードミナントは進みたいコードを一時的に1度トニックと見なし、無理やりドミナント→1度トニックの流れを(一時転調)作ってあげるテクニックのことを指します。

 

はい!文章にすると全くわけわからんので詳細を書いていきますねー。

 

 

セカンダリードミナントを作ってみよう

 

例えば下のようなコード進行があるとします。これにセカンダリードミナントを入れていきます。

 

F G Am

 

① まず最初に1度トニックにしたいコードを選びます。ここではAmを1度トニックにしてセカンダリードミナントを作ってみます。

 

F G Am セカンダリードミナント

 

② 次にAmを1度トニックにするためAmの前にセカンダリードミナントコードを入れてあげます。

F G Am セカンダリードミナントの場所

 

 

ここで重要になってくるのが以前解説した強進行の知識です。

基本的に音楽を作る上でスケール外の音(ここではCメジャースケールのドレミファソラシ)以外を使うと気持ち悪くなりがちなのですが、強進行はそんなもの関係ありません。音が外れていても気持ち良く、かっこ良く聴かせることができる効果があります。

 

 

ってことで、強進行はルート音が4度上に移動するコード進行のことでしたね。注意するのはルート音が4度上という点です。

 

「AmをトニックとするならCメジャースケールってことかね?」とか「Amが1度トニックだとマイナースケールってこと?」などと勘違いしてしまいがちですが、注意してください。Amはトニックですがあくまで6度のトニックだし、マイナースケール云々なんて小難しいものは今は考える必要はありません。何度も書いてしまいますが、ルート音が4度上です。

 

セカンダリードミナントを作るときはマイナーとかメジャーを考えずに、一時的にトニックにしたいコード(ここではA)を無理やり1度として扱います

つまりAを1度のトニックとするためには、Aメジャースケールからコードを持ってくるということになります。分かりづらいかもしれないので記事の下の方に簡単な画像を用意しときます。

 

 

ってことでAメジャースケールにおいてドミナントになるコードはAメジャースケール

EがAメジャースケールにおけるドミナントコードですな。ということでコード進行は以下のようになります。

 

こいつがセカンダリードミナント

 

ということでセカンダリードミナントが出来ました。

 

 

どんなコード進行か聞いてみよう

 

かったるい解説もこれで終わりです。とりあえずどんな進行になるのか聞いてみてください。

 

通常のコード進行「F → G → Am」

 

セカンダリードミナントコード進行「F → G → E → Am」

※6秒あたりがEです

 

いかがですか?つまらんコード進行にちょっと彩りや動きが出たと思います(・∀・)

 

 

 

とはいってもまだまだ物足りないのでもうちょいセカンダリーを強調してみたいと思います。

ドミナントコードはセブンスにすることでトニックに行きたいという性質が強くなるという特徴がありましたね。ってことでEをE7にしてコード進行を作ってみます。

 

セカンダリードミナントコード進行「Am → F → C → E7 → Am」

※8秒あたりがE7です

 

…..Excellent!! ( •᷄ὤ•᷅)

E7のところがいい味を出しておりますな。

 

ぶっちゃけ皆さんもこの流れ聞いたことあると思います。セカンダリードミナントはJ-popでもメチャクチャよく使われるテクニックでクソみたいな曲でも一気にそれっぽいものにしてくれるできるやつなんです。

イメージとしては野球の変化球みたいな感じです。ストレート中心に投げてきた投手が突然グニャっと曲がる変化球を使う!ただグニャっとするけどちゃんとストライクゾーンに収まる的な感じよ。わかる?わかんないか。

 

 

 

お役立ちツール

 

「4度とかよくわかんなーい」「鍵盤無いしー」「私の曲メロディ良いから理論とかいらない!」というギャルのためにこの記事を簡単にまとめた画像をアップしときます。

よくわかんなきゃとりあえず下の画像通りに突っ込んでおけばええんやってことです。画像保存しておいて制作する時にでもたまに見返してくれれば幸いです。

 

セカンダリードミナント作り方

 

 

 

 - 音楽理論 , ,